女性用媚薬

こんな事はありませんか…?

『女性とコミュニケーションを取るのが苦手だ…』
『モノにしたい女性がいる…』
『彼女の身体に飽きてしまった…』
このような悩みをお持ちの方にお勧めなのが、『媚薬(びやく)』です!
媚薬」を利用する事で、女性の身体と心を熱く燃えさせ、2人の激しい恋情を享受する事ができる魔法の薬
そんな媚薬をにご利用されたら如何でしょうか?
本サイトではそのようなお悩みの方、言い方を変えれば強力な女性用媚薬をご紹介しています。


◆媚薬ができる事

一般的に媚薬が使用される目的として多いのが、「不感症」です。不感症とは、「性的な刺激に対して何の興奮も覚えない」、「何らかの事象に対して、何の感情的な反応も沸かない」などの状態になる事を言います。
女性の場合では、性的刺激で興奮しないオーガズムに達しない等が挙げられます。
一方、男性の場合は性的刺激に反応しない(勃起障害)射精が行われない(極端な遅漏)等があります。
これらは精神的な部分による原因が多く、解消にはカウンセリング、あるいはパートナーの励まし等が必要となり、当然ながら媚薬を使用したからといって完治するという訳ではありません。
しかし、媚薬を使った時の効果は、パートナーからの愛情を受ける際に、大きな手助けきっかけにはなると思います。不感症だと感じられる方は、媚薬を試してみるのも良いかと思います。

◆媚薬とは?

媚薬(びやく)…一般的には女性向けのイメージがありますが、実は女性用だけではなく男性用もあります。
媚薬は、狭義には催淫剤と呼ばれ勃起不全の治療に使われる薬(男性用)、広義には性欲を高め、恋愛感情を起こさせるような薬(女性用)があります。
本サイトでは、肉体的な性機能の改善を目的とした精力剤や強壮剤よりも、誰もが使ってみたい惚れ薬を意味する女性用媚薬に関して主にご紹介します。


◆媚薬って作れるの?

まず、結論から言うと媚薬は作れますが、使用にはそれ相応の覚悟が必要になります。
インターネットで検索すると、媚薬のレシピ情報は多く表示されます。材料自体もスーパーに売っている物もあります。けれども、そのほとんどは、思い込みによる効果の媚薬です。
そもそも媚薬が医薬品(ヒトや動物の疾病の診断・治療・予防を行うために与える薬品)であり、企業やプロフェッショナルが長年の経験と治験等で開発した物だという事です。
つまり、素人が作って満足できる効果のある女性用媚薬ができるかと言えば非常に難しいと言えます。
しかも、媚薬作りで有名なチョウセンアサガオ(キチガイナスビ)を使った手作り媚薬のレシピが出回っていますが、実際に食して神経に非常に強い刺激を与え、中毒強い副作用が発生する事件が起きた事があります。
そのため、媚薬は作れなくはありませんが、法律の遵守やそれ相応の覚悟が必要だという事です。